きれいな肌はエクオールで作れる!

2016年5月15日 at 12:53 PM

便秘したりすると肌荒れが起こりますが、エクオールという成分が減少してくるからだそうです。
エクオールは体内で作成できる成分ですが「日本人の半分はエクオールが作れない」と聞き、調べてみました。

日本人の半分はエクオールをつくれない?

イソフラボンは大豆に含まれる成分で、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをして、ホルモンバランスの調節を促すということが発見され、更年期の女性やホルモンバランスを崩してしまった若い女性などに豆乳などで良く取り入れられています。

その大豆イソフラボンが腸内で「エクオール」を産生しその効果は本来の女性ホルモンにも勝るといわれるのですが、残念ながら近年、欧米で3割、日本人では5割の人しかその恩恵を得られていないということです。

特に若い方に顕著で、腸内のフローラ(腸内細菌)の減少がみられるからその効果を引き出せないと推測されています。

腸内発酵に良いとのことでせっかく大豆製品を摂取しても、腸内フローラが不足することにより
エクオールに結び付けられないため、結果便秘など症状に悩まされているそうです。

最近は「遺伝子検査」なども進み、腸でエクオール生産が可能か?
なども簡単に調べることができるようになり、近年「エクオール」が注目があつまり研究され始めています。

ekuouru
ノムダスは「エクオール成分」を腸内で育てることにより「薬に頼って」「ゆるくする排便」ではなく「自然のお通じ」を作ります。