ケトジェニックとは?

2016年5月27日 at 10:27 AM

アメリカのアトキンス博士が提唱したダイエット方です。
普段の食事から炭水化物を極端に減らすことで、血糖値及びインシュリンを
コントロールすることによって、減量や体質改善を狙うダイエット方法です。

日々の食事から炭水化物を極端に減らした場合、体内ではブドウ糖が作られなくなり血中から無くなってしまうため、その代わりのエネルギー源として、体内の脂肪を分解した「ケトン体」が使用され始めます。

具体的に言うと、食後約13時間で体内のブドウ糖が枯渇するので、ケトン体回路が働き始めるのは、その後4~5時間たってから。
炭水化物を極端に減らした時にケトン体が合成されるため、ブドウ糖で代謝していたエネルギーに代わりケトン体をエネルギーに使うという方法です。

そして ケトン体を用い、エネルギーとして使う状態を「ケトーシス」と呼びます。

糖の代わりに、脂肪が分解されてできたケトン体をエネルギーとして使い、行うダイエットのことをケトジェニックダイエットと呼びます。

糖質を制限し、体内脂肪を燃焼しやすい「ケトーシス」状態を作り出し、脂肪のみを効率良く燃やすという理論です。

このダイエットを始めて2週間は、炭水化物は取らないというのが基本です。

!