良いお水の条件「ケイ素」

2016年6月27日 at 11:47 AM

「美人になるにはケイ素」だそうです。

コラーゲンやヒアルロン酸をとっても、なかなか効果があらわれない、 という人はケイ素不足だそうです。
ケイ素の役目は、人の組織と組織を束ねることだそうですので「肌の密度」の要素としてはたらくのでしょうね💛

ケイ素によって、体の柔軟性や弾力性を保ち、 かたい骨を維持し、やわらかな皮膚に覆われることができるのです

いまはやりの「卵隔膜」みたいですね。

ケイ素が豊富に含まれる水は、ここ数年で注目度が増しています。
コラーゲンやヒアルロン酸の美肌パワーを100パーセント発揮させるためにも、ぜひとも飲みたいものです。

で・・・調べてみて驚きです!!

ケイ素って「水晶」powderなんですね?

>化粧水に混ぜて使うと、肌には透明感が出て美白効果を実感、シャンプーとヘアパックに混ぜて、髪の毛にハリが出てきて、爪が丈夫になって割れなくなり、飲用では、腸の調子が格段に良くなりました。(hanaさんの感想)

 

との書き込みもありました~♪
ガラスの成分 きれいな砂浜の成分 とは知っていましたが 「水晶」って素敵!

なにか霊的にもパワーアップする感じがします。「気を強める」効果も期待できますね。

ケイ素入りの水」 人気があるはずです!
kirei
他にも 調べると・・・
◆骨粗しょう症の予防に

骨粗しょう症の患者さんは、国内で役1000万人、その80パーセントは女性だと言われています。
女性は40代から発症し、閉経を境に増加して、60代では訳33パーセントが発症するといいます。
今はまったくピンとこない人でも、将来発症する危険性がないとは言えません。 とくに、低年齢でダイエットを始めた人ほど、重症になることがわかっています。
骨を丈夫にするにはやはりカルシウム。そしてケイ素です。
からだが酸性になると骨からカルシウムが溶け出すので、アルカリ性に持っていくことも大切です。

◆きれいな髪と丈夫な爪に

近頃、爪をきれいに塗ってアートを楽しんでいる女性をよく見かけます。
爪がキレイだと、手の動きも美しく見えますから、美容に気遣う女性にとって、爪のおしゃれは必須科目なのでしょう。
ただ、中には、「爪がすぐ折れてしまうから伸ばせない」「すぐに二枚爪になってしまうので短くするしかない」という人もいるようです。 このように、爪が弱く、すぐに割れたり折れたりするのは、からだの中のケイ素(シリカ)が不足しているせいかもしれません。
ケイ素は組織と組織を束ねる働きを持った重要なミネラル。
人間の骨・血管・皮膚・毛髪・爪などに欠かせない栄養素です。

不足すると、骨や血管組織がもろくなり、骨折しやすくなったり、動脈硬化をおこしたりしますが、最初に症状があらわれるのが爪と髪。
爪がすぐ割れる・縦線が目立つ、髪にハリがなくなる・パサつく、抜け毛が増えるなどは、ケイ素不足を知らせる合図なのです。 ケイ素は玄米やアワ、ヒエに多く含まれてるため、昔の日本人はあまり不足することがありませんでした。
しかし現代はそれらをああまりせっしゅしなくなったので、知らず知らずのうちにケイ素不足になってしまうのです。
組織に含まれるケイ素濃度は、加齢とともに低下します。

人は体内でケイ素をつくることができないので、外側から取り入れるしかありません。
あまり知られていませんが、天然水には、ケイ素を多く含むものもあるのです。
爪や髪に元気がなくなったらケイ素不足を疑い、ケイ素を含んだ水をこまめに飲んで、
美しく若々しい髪と爪を保ちましょう。


パワー満載でした。 「霧島天然水」ケイ素とは?より引用 ↑

良いお水飲んで キレイに! 健康になりましょう~