茶のしずくアレルギーの原因

顔を洗っただけでアレルギーが発症した可哀相な事件・・・

女性とし手は気になるところです(汗)


そもそも何故「石鹸でアレルギー」? を調べてみました。

 

 

化粧品関係には「保湿成分」として小麦を加水分解して使うことが多いそうで、

小麦を酵素と塩素などで細かく分解して使用しているそうです。

基準値があって通常は1000以下の分子量単位で使用するそうですが、悠香の茶のしずくは

もっとも危険ゾーンとされる50000〜60000の分子量の加水分解コムギを使用していたそうです。

 

 

加水分解小麦は「もっちり感」が出るそうで よく洗顔の宣伝で「逆さにしても落ちません」とやっている

あれ・・・ あれを増やしたらしいです

 

で、目や鼻の粘膜から吸収してアレルゲンを刺激・・・

もともとアレルギーというのは「体内にアレルゲンが許容量以上入ってきた」時に

体の免疫システムが反応して発症するもので 量が微妙だそうです。

 

新聞を読むと被害者たちは「その後小麦を食べない生活」を強いられているそうで

不便な思いをしているとのことです。

 

小麦を避けるのは大変なことです。パン、麺類、粉ものすべて 小麦です。


洋食・中華などでは避けられません。

 

実は私も此処半年以上、グルテンフリーをしています。

体内に入った小麦グルテンが腸壁を穴だらけにしてしまう「リーキガット」を阻止するために

一年近く「パンを我慢しています」。

 

今年のお正月旅行で「造りたてパンを目の前にして」つい パクリ(笑)

飛行機に乗って帰国しようとする朝・・・ 大変なことに~

トイレに駆け込んでばかり になります。

 

だから辛さが判ります。

 

最近はだんだん増えてきていますが日本では「グルテンフリー」入手はまだまだ大変です。

最後は「手作り」か?・・・と

パン焼き器を自宅に買って来てはいますが、 正直導入するには「時間」が必要です。

(外食の多い生活  時間との勝負で生きております)

 

生産者の方々の 常識と誠意 願って止みません。 ❤

 

 

浮かない話・・・ うんち(笑)


 

初めて知っったことだけど 先日「正しいうんち」は便器に浮くとのこと・・・

私のうんちを(笑)此処数日間 「振り向き」してみた。

 

 

浮かない・・・ 洋式便器のせいもあるのか?

 

底に鎮座しているように思う。

そもそも若干便秘気味で毎日「読むもの」を持ち込まなければ

分離できない日々である。

 

 

水分過多か? 比重が重い。 沈んでいるように思う。

原因が判明したら報告しますが・・・

何故かわからない

 

「浮かない日々である」

サラダチキンは”空が飛べるぞ~”

人気のサラダチキン 何故か判りますか?

糖質制限で火がついたんですが

ご飯代わりにお腹もちがいいのに「値段が安い」

更に・・・イミダペプチド が豊富なんです~

イミダペプチド これは「鳥が長時間空を滑空」できる

アミノパワー

鶏肉 特に胸肉に豊富なんです

ヘルシーで お値段が安くて 国産が多いので安心❤

食べて見てね~

おかゆの作り方(炊飯器で簡単お粥❤)

ダイエット・・・ 特にファスティング(断食)や

クレンズ(飲み物だけのデトックスダイエット)する時 いちばん大切なのが

「副食」 食生活をゆっくり戻して行く必要があります。

※ まずは液状からゆっくり固形食へ。
おかゆなど消化が良いものを少しずつ増やしていき、普通の固さや量にゆっくり戻しながら

「内臓への負担を加えていきます。」

 

炊飯器で作る「簡単お粥」の作り方をご紹介します。

その昔私がやった方法を思い出して「説明画像」にしてみました。

作り方:

1. 普段の量の「白米」設定で炊飯器をセット(お米が3合ならお水も3合)

2. 寿司湯呑に「お米とお水」を炊飯ジャーから、すくい取ります。

3. 湯呑みを中央に置いたら 「湯呑みにお水を足して」(水の量で比率が変わります)

4. スイッチオン ” これだけ ” ♪ です。

 

家族に迷惑をかけずに「My おかゆ」を同時に作ることが出来るので簡単です

こっそり「ダイエット」するならお茶碗で食べていても「バレないダブル効果も♪」

お試しください~

 

 

コンブチャダイエット

ミランダ・カーがきれいにヤセたと発言して話題になった
ハリウッドセレブ御用達の「KONBUCHA」来ましたね~~

ネットを観ると見ない日がないくらい あっちでこっちで「クレンズ」 ダイエット開始
している人 増えています~~

ハリウッドセレブから火が付いた【コンブチャスリム】


もともと「紅茶きのこ」で一世を風靡しましたよね~

また「日本の技術」の 逆輸入版です♪

断食やクレンズ といった日常の「毒消し」 いまや必須ですよね?
食べたくないけどファーストフードやケンタにも 味付けと称して入れられています。

保存剤にしかり・・・・ 甘味にしかり

「食べなきゃ良い」はずが 出来ませんものね?

此処はやはり肌の透明感を求めたらデトックス
お風呂で毎日心がけていますが 「食べない」のも必要。
此方は栄養管理して「必須項目」含まれてるから安心

この夏まで 目指す方 トライですよ~~

此方に詳しく有りますよ

ハリウッドセレブから火が付いた!!国産【コンブチャスリム】

くびれに必要な「ヨガ」も教えてくれるそうですので♪
夏までに くびれませんか
  

ビタミンC でぐすぐす撃退!

花粉症ではないのですが・・・
若干アレルギー気味の私ですが 「この寒さに」鼻がムズムズ(汗)
先程 iHerbからとり寄せた「VitaminC」 このカプセルが「でかい!!」(笑)
飲んだら「ぐすぐす」が止まりましたので書いています。

取り寄せたのはFacebookで支持している「藤川先生」推奨サプリ。
何故か中国からの郵便で届けられ ??? だけど 「安い理由」だと
密封キャップは「やっと剥がるくらい」しっかりついていたので
まあ 良いか~(笑) と 飲み始め


でかい! カプセルでしたが 効きました!!
今 しっかりグスグス止まっています。

お薦めですよこれ!!

アボガドレシピ 美肌に追加❤

アボガド大好き人間なんですが・・・ たまに「固い」のを
買ってしまって困っていました。


3個でいくら というのを買うと一個くらい「剥いても」熟して無く
固くて美味しくないのが(汗)

そんな時にいい方法がネットに書いてありご紹介!
「焼く」・・・ この発想無かったです~
生のサラダ感覚 しか無く・・・
チーズinしたり ホワイトソースで和えたりして
オーブンで焼く 美味しそうですよね❤

早速やってみたくあります。
今度からは「バーゲンアボガド」安心して買えます♪

加熱すれば「柔らかくマイルド」になるそうです。

わさびを足したり ツナを入れたり 一旦中身を取り出して
味付をしたら戻して チーズを載せて焼く!!

うふん 書いてるだけでよだれが(笑)~

やってみてくださいね

腸を大切に使うと免疫機能がアップする訳

人は「管状」で出来ているということで
口腔の機能も腸での管理下でされているそうです。

口内炎などになると「菌が腸に到達」し腸内環境も悪くなるし
逆に腸の機能が落ちると免疫力が落ちるので
「口内炎」などの炎症を起こしやすくなる

まさに腸は体の要としての機能がある ということを
東大の先生が書いてらっしゃいました。

とても具体的で分かりやすかったのでご紹介します。

以下転載:

東京医科歯科大学、藤田紘一郎名誉教授は、「免疫の70%は腸で作られる」と言われている。
免疫力は70%が腸内細菌によって、残りの30%が精神的なものに左右されるという。
免疫が腸に集中する訳は――
1.
腸(バリア機能がある粘膜表面)の面積がやたらに広いから
→細菌やウイルスと接触しやすい部位表面は、皮膚、口、鼻、のど、胃、腸などがあり、
腸粘膜の表面積は実に全身の皮膚のおよそ200倍である。
口、のど、鼻、胃に比べ、細菌やウイルスの接する面積が断然広いことから、
免疫システムを集中せざるおえないことがわかる。
2.
緊張感、緊迫感が24時間365日続いているから
→口から入る食べ物と一緒に細菌やウイルスも腸へ運ばれて行くので、また、腸内には
悪玉菌も棲んでおり、有害物質を排出しているので、食べ物の栄養を消化吸収する一方で、身体の害になる敵の侵入を防がなければならない。
正常な人でも毎日3,000~4,000個のがん細胞が生まれると言われ、その発生する場所のほとんどが、「腸粘膜」とも言われている。
3.
腸は「第二の脳」であるから
→腸には、神経がくまなく張り巡らされていて、脳からの指令がなくても素早く判断して動ける。
また、腸は自らの意思で情報をフィードバックして脳に直接伝えることもしている。
腸は脳と密接な関係でありながら、直接支配されておらず、このことから腸は「第二の脳」と呼ばれている。
 
以上のことから、食べ物の入り口である口腔と、食べ物の出口である腸の両方に気を配れば、
「全身の管理」をしているのと同じことになるのだ。逆に言うと、口に悪い習慣と腸に悪い習慣を続けるほど、全身は痛んでしまう。

 
管の様に(竹輪状態(笑))粘膜が一歩の管でつながっているので・・・
ってとてもわかり易く納得でした。



口腔はじめ 歯磨き、うがい 大切に履行します
 

でたよ~ デブ菌排除のサプリ❤

前から噂に聞いていた「痩せ菌」(乳酸菌に痩せる作用のあるものがあると学会発表)が売り出されました~
医者の処方じゃなきゃ使えなかった菌がついにサプリに登場!

ついでにヨーグルト100個分のEC-12 エンテロコッカス・フェリカス
と言って 人本来のちょうの中に生息する菌を、加熱処理高濃度乳酸菌して「ぐぐ~っ」と増やして

「1兆個」

にした「善玉菌」の塊を投入!!

「腸を変えてヤセ体質にチェンジ!!」します。 これ前からあったんだけど「高かった~~」
1本300円近いスティックで出てました。

それがね~ サプリで 75%offで出たもんだから(定期コース初回のみ)

「売り切れ殺到中!」だって!!


定期コースのしたら1ヶ月後には、高くなるけど・・・
「痩せスティック」
比じゃないから 「お得」に~❤

本気で痩せて それも「シワシワ」じゃなく 健康的に「キレイ」になりたい人!
オススメできます

少し待たされるかもしれませんが・・・

「この夏までに本気で痩せたいひと」応募してみてみてください。

此方です
【プレミアムスリムビオ】

体を冷やさない 健康の原則

体を冷やさないって健康の原則だって思います。

昨今「平常体温をアップして36℃以上」が健康メディアの常連項目ですが
私には 昔からの必須項目で・・・ オフロに入って生き延びてきました(笑)

体の免疫機能は38.5℃以上で「活性化」するそうです。
ですから最近は「温熱療法」があちこちで出ていて・・・

今や「癌にまで効く」と言われています。

生姜やお風呂 体を温めるものは一ぱいありますので書ききれないくらいですが
基本は「自己燃焼機能」のアップ! 体温の上昇が要です。

筋肉を増やすと燃焼率がアップ → 基礎体温が上がります。
プラス腸内を健全にし腸から身体の「燃焼率を高めましょう!!」

無駄なところに= お腹の贅肉とか (笑) 
せっかく取った栄養・体の機能を回さないと→「スリムで健康」になります。

ぜひとも 他のページを読んで「機能アップ!!」目指してくださいね~~