腸内酵素が作ってくれるビタミン

皆さん 身体が元気だと 皆さんのお腹の中の腸内酵素
皆さんのからだに必要なビタミンは作ってくれる って・・・
ご存知ですか?

お腹が調子悪いと・・・ 食べた栄養を消化できないだけでなく
酵素に負担をかけて「大切な栄養に還元するPOWERがダウンします」

いつも元気なおなかにして 腸内酵素に一杯必要な栄養素を作ってもらいましょうね💛

腸内細菌が作ってくれるビタミンのそれぞれの主な役割

ビタミンB2

三大栄養素(たんぱく質、炭水化物、脂質)のエネルギーへの変換を助けたり、これらの栄養素から体の材料を作るために重要な働きをしてくれています。不足すると、口内炎や口角炎、肌荒れ、にきびなどを引き起こします。

ビタミンB6(ピリドキシン)

たんぱく質をアミノ酸に分解したり、血液、神経伝達物質(セロトニンやドーパミン等)を作る際に重要な働きをしてくれています。不足すると貧血になります。

ビタミンB12

神経を正常に保つために重要な働きをしています。プロピオン酸の代謝に必要です。腸内細菌の中のプロピオン酸生産菌がなくては、合成できないビタミンです。善玉菌が多い良好な腸内環境では、活発に生成されるため、不足することはまずないとされています。

葉酸

ビタミンB12と互いに補い合って同じ働きをします。特に血液を作るために重要な役割を担っています。妊娠中の女性は特に不足しやすいので、積極的な摂取が推奨されています。

ナイアシン(ビタミンB3)

アルコールの分解に深く関与しているビタミンです。美肌を保ったり、脳神経を正常に機能させる働きがあります。

パントテン酸

コレステロールやホルモンの生成に関わっています。抗ストレスホルモンを生成する際のサポートを行っているビタミンです。

ビオチン

皮膚や髪の健康を保つために重要な働きをしてくれています。

ビタミンK

血を固める物質を作る際に必要な脂溶性のビタミンです。骨の健康維持を助けてくれるビタミンでもあります。
腸内細菌が作ってくれるビタミンのそれぞれの主な役割

ビタミンB2

三大栄養素(たんぱく質、炭水化物、脂質)のエネルギーへの変換を助けたり、これらの栄養素から体の材料を作るために重要な働きをしてくれています。不足すると、口内炎や口角炎、肌荒れ、にきびなどを引き起こします。

ビタミンB6(ピリドキシン

たんぱく質をアミノ酸に分解したり、血液、神経伝達物質(セロトニンやドーパミン等)を作る際に重要な働きをしてくれています。不足すると貧血になります。

ビタミンB12

神経を正常に保つために重要な働きをしています。プロピオン酸の代謝に必要です。腸内細菌の中のプロピオン酸生産菌がなくては、合成できないビタミンです。善玉菌が多い良好な腸内環境では、活発に生成されるため、不足することはまずないとされています。

葉酸

ビタミンB12と互いに補い合って同じ働きをします。特に血液を作るために重要な役割を担っています。妊娠中の女性は特に不足しやすいので、積極的な摂取が推奨されています。

ナイアシン(ビタミンB3)

アルコールの分解に深く関与しているビタミンです。美肌を保ったり、脳神経を正常に機能させる働きがあります。

パントテン酸

コレステロールやホルモンの生成に関わっています。抗ストレスホルモンを生成する際のサポートを行っているビタミンです。

ビオチン

皮膚や髪の健康を保つために重要な働きをしてくれています。

ビタミンK

血を固める物質を作る際に必要な脂溶性のビタミンです。骨の健康維持を助けてくれるビタミンでもあります。

———此処まで 
いつも読ましていただいてる腸内ドクターのブログから引用 ——拝借しました。

「酵素がしっかり摂取できていたら」
身体が必要なビタミンは創り出してくれるということ!!

ものすごく大事なことなので 先生のお言葉引用させていただきました。

「食べ過ぎがいかにいけないことなのか?」
ということは・・・ 酵素を「消化に使ってしまい」
栄養を作り出す方に回せない ということなのです。

皆様 酵素を大事に しっかりとりましょう♪




こんなに一杯ビタミンを作ってくれているそうです。 感謝!!´ ³`)ノ ~♡

航平君の結婚力 お肌の話

Lio2016 オリンピック 男子団体体操 快挙でしたね💛

おめでとうございます~ ´ ³`)ノ ~♡

今までも選手として応援してきたのですが「今回は奥様同伴」
夫婦としてつい見ちゃいました♪

航平君と言えば「好きなものはチョコレート」と定番で。
チョコ食べてればアスリート出来るのか? なんて
思うほど・・・ パワーが凄いんだな? と思いつつ 

でも・・・肌に悪いな

航平君 結構ニキビ顔でした。

今回 お肌すべすべ(笑) 結婚の威力ですね♪

野菜嫌いの航平君 「カレーなら毎日でも」 と言うので
お野菜いっぱい入れてカレー してるそうですが・・・
野菜は酵素の塊 腸活の一歩です!!

Lio2016 gold
立派に「効果」が出てます。


「色白・すべすべ」素肌ですね?
おくさまも お子様もみんなキレイだから 効果が高いんですね💛

これで 引退するかもしれませんが 「コーチ」としても内助の功
夫婦結束していたら大丈夫ですね?

何はともあれ 日本の体操界 これからもよろしくお願いいたします

健康診断で使われる酵素量の判定

GOTとGPT・・・よく出てくる数値ですね?
これって「肝臓に関する酵素量」って知っていましたか?

肝機能を判断する代表的な酵素
だそうです。

肝機能の診断結果の紙に必ず出てくる、この2つの略称。
GOTはグルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ
GPTはグルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼの略で

ともに、肝臓でたんぱく質の原型となるアミノ酸を作り出す働きをする酵素です。

最近酵素摂取の話題が多く「自然な食事をしていれば」との記事を読みますが
「自然な良質な食事」って 自信がありますか? 農薬汚染や肥料汚染・・・ 酵素が生の物に
含まれていると言っても「安心して食べられる」環境にないですよね?

鮮度の良い生の食品は、それが一番熟れた状態で摂った場合、その中の酵素がその食べ物を分解するのを助けます。
食品に含まれる酵素は、その食べ物を消化しやすいように分解してくれるのです。
kudamono ですがほとんどの人は、この生の状態から程遠い食事をしていますから、酵素がかなり不足してます。
そして体内に酵素があるとしても「食事の質が悪いと」(揚げ物などや化学合成物質汚染の場合)
「消化酵素」が大量消費され内臓の働きを促す「代謝酵素」に回らないのです。

代謝酵素が各臓器を活発に活性化させてこそ免疫機能が発揮されますが、消化酵素に多くが使われてしまうのを
補うためには外からの「応援」摂取が必要なのです。

出来るだけ「酵素の多い生活」が大切なんです。

 

美味しく飲めるWINEみたいな酵素

今よく目にするのが「寝る前に一日一回コレするだけで・・・
っていう宣伝CM SNSなんかにすごくスリムになった人が出てきます。

body03
つくづく女惚れします💛

酵素は元もと良いものだから「凝縮」してたり「生」だったりしたら本当に効きそうですよね。
酵素がなぜいいのかご存知と思いますが 酵素をたっぷり摂ると食べ物の消化・吸収がよくなるので、代謝力がアップし、栄養が行き渡り、新陳代謝が活性化されるから・・・当然若返り機能満載で肌もつるつるになるし体調も良くなっちゃう♪
もちろんダイエットにもGOOD!
最近疲れやすくなって「皺っぽく」(笑)なった私は、ゼリー状のものと、

サプリタイプ飲んでいますが💛

酵素ドリンクって、果物ベースが多いせいか「甘みやとろみ」がダイエット中に飲んじゃっても良いの?・・・と
聞きたくなるくらい 美味しいですが 

一日の何時頃 飲むのが良いんでしょうかね? 疑問です。

夜中就寝中にホルモンバランスが整ったり 体の修復行うそうなので「寝る前に飲む」
・・・ ってのが、 正解なんでしょうね~?

私は朝一「起きたとき」にサプリ類 飲む癖がついているから・・・ いまいちなのかな?
(ほかの時間帯なら 忘れてしまうのが原因です💦)
ワインみたいにのめるんなら「是非」 寝る前に飲んでみたく思います。

それで 美BODY💛になれたら最高ですね~

 

酵素とは?

酵素とは?

酵素は、体内の生化学的反応を刺激したり加速させる、天然のたんぱく質です。

酵素は、その多くが膵臓で作られますが、食べ物を分解して、血中に栄養素を取り込むのを助けます。
代謝酵素は、新しい細胞を作ったり、血液、組織、器官内の傷ついた細胞を修復したりします。

消化酵素とはいわゆる「食べたものを消化」するときに使います。
ですから、ほとんどの代替医療の専門家は、消化酵素を摂ることの重要性を分かっています。
年齢を重ねるほど消化機能が落ちるのはこの酵素不足。歳を取るにつれてさらに重要になってきます。
良く病気で、逆流性食道炎とか、裂孔(れつこう))ヘルニア、胃潰瘍などの消化器系の問題が起こると
酵素による治療が行われますが、酵素は実はガンの治療にも非常に重要な働きをするものだそうです。

何故なら 酵素は、一つの物質を違う物質に変えたり、膵臓、肝臓、免疫機能をサポート
したり、しているからだそうです。

酵素に関しての定義づけは1985年にエドワード・ハウエル博士が書いた「酵素栄養学」が初めてで、著書で紹介されました。
現在の多くの酵素に関する本や学説がこの博士の影響を受けています。以下はその要約をまとめたものです。

酵素の分類

◆「体内酵素」は「消化酵素」と「代謝酵素」に分かれますが
本来は同じ物です。 ※その都度必要な方の働きをします。

1.「消化酵素」=食べ物を消化するのに使われます。
(唾液や、胃液、腸液などに多く含まれます)

●ご飯などに含まれるデンプンを分解する →アミラーゼという酵素
●肉などのたんぱく質を分解する     →プロテアーゼという酵素
●脂肪を分解を分解する         →リパーゼという酵素

これらが働き、分解された栄養素は小腸で吸収され、身体中に行き渡ります。

2.「代謝酵素」=身体活動、老廃物の排出、新陳代謝、自然治癒力
などの生命活動に使われます。

この代謝がしっかりと行われていて初めて健康な生活が送れます。

「消化酵素」と「代謝酵素」は相反する動きをします。
消化に負担が掛かるときは(食べ過ぎなど)健全な代謝が行われません。
一方、体調不良の時は体の回復に代謝酵素が多く使われるため消化はおろそかに
なり「消化不良」などの症状が出ます。
体が弱ったときに「消化の良いもの」を食べる理由はこの辺にあります
yasai
酵素には素晴らしいPOWER がありますが体内で必要なだけ常に維持するには
限度があります。しかし、自然界にある食物酵素からとることもできます。
食物酵素が豊富な食物を食べれば消化酵素をあまり使わずに済みます。


植物酵素を取り入れ十分な酵素が体内にあれば、肌の新陳代謝や胃腸の元気、
そして免疫力UP、解毒等に酵素が使われ、身体全体の調子が良くなり、
代謝力も高い、太りにくく、病気にもなりにくい、若々しい身体になります。

最近の現代人は「酵素」がかなり不足しているそうです。
「揚げ物などの資質の多い食事」は消化にあたり酵素を大量に消費するそうです。
酵素の絶対量は年齢と共に低下していくそうで、年を取ると油物が食べれなくなるのは、体が拒否し始めるのだと思います。
一日一回は、「新鮮な野菜」を生食すると酵素が補えるそうです。

季節によってもばらつきがある昨今、難しくなってきていますね。

良ければ「ドリンクで酵素」がおすすめです💛